「スラスラわかるPython」という書籍のレビュアーを担当しました

スラスラわかるPython という書籍が8/7に発売されました。

../../../_images/surapy.png

内容紹介にもありますが、「せっかく覚えたのにこの機能全然使わない!」ということがないので、 「本当にPythonで使われることを学びたい」人にオススメしたいです。

目次

こんな感じの目次です。

  • 第1章 Pythonをはじめよう
  • 第2章 型とメソッド
  • 第3章 条件分岐
  • 第4章 リストと繰り返し処理
  • 第5章 辞書型
  • 第6章 関数
  • 第7章 エラーと例外
  • 第8章 スクリプト、モジュール、パッケージ
  • 第9章 Webスクレイピング
  • 第10章 ファイル操作
  • 付録

こんな方にオススメ

  • はじめてプログラミングを学ぶ人
  • プログラミングでどんなことができるか知りたい人
  • Pythonに興味がある人
  • Pythonチュートリアルを読んで挫折した人
  • 必要なことだけを集中して学びたい人
  • 「プログラムが書ける!」という実感を得たい人
  • 4コマ漫画が好きな人
  • etc…

本書はWindows・macOSに対応し、執筆時点で最新のPython3.6.1で解説しています。 Python2と3をどちらを使うべきかも述べられているのでその辺が気になる人もおすすめできます。

オススメしない人

  • すでにPythonが書ける人
  • 1冊ですべてをカバーしたい人

ですかね。すでに自分で調べて解決できる人向けの本ではないと思います。

雑感

今回書籍のレビューを初めて担当させていただきました。これからPythonプログラミングをスタートする人の手助けになるといいなぁと思います。